道の駅

道の駅の設置間隔

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアなどは、大体の設置間隔が定められています。

 

一定の間隔を置かなければ交通渋滞が発生する原因となったり交通状況に乱れが出る恐れがあるからなのですが、この理論は道の駅に関しても同じように適用されています。

 

まずは道の駅の設置間隔に関してですが、前述の高速道路にあるサービスエリアやパーキングエリアと違って明確な基準は設けられていません。
しかし、大体10キロくらいの感覚になるように調整されています。

 

10キロ以上が大体の感覚ですが、それ以下になると言った申請があった場合にはその近辺の交通量の状況であったり、特徴の違い、地域の実情などを総合的に判断した上で道の駅とするかを判断するのです。

 

またこの道の駅はつい最近までは47都道府県全てに設置されているものではありませんでした。

 

なぜかといえば設置していない都道府県があったからですが、最後に設置された県は実は東京都だったのです。

 

もともとは地方都市の活性化などを目的とされて設立されてきたので、大都市近辺には設置されていなかったことが理由です。

 

しかしそれも2007年の4月に東京都の八王子に道の駅が初めて設置されたことにより終わりを告げました。

道の駅の設置間隔関連ページ

スタンプラリー
道の駅を旅しよう!
サービスについて
道の駅を旅しよう!
休憩施設としての道の駅
道の駅を旅しよう!