道の駅

休憩施設としての道の駅

道の駅は本来は休憩施設の一環として建設された、主にドライブや長距離旅行を楽しむ人のための施設になっています。

 

道の駅は一定数以上の駐車場、それからトイレがあること、そして情報提供が出来る施設があることが登録の条件とされていますので、ドライブの途中にトイレに行きたくなり、近くに道の駅があればそこで用を足すことも出来ます。

 

それからルートがわからなくなったときにも道の駅で情報提供をしてもらえることがあります。

 

道の駅が出来た背景には1990年に中国・地域づくり交流会の会合での提案から始まり、翌年の1991年10月から更に翌年の1992年にかけて山口県、岐阜県、栃木県で道の駅の社会実験が行なわれ、その後正式に道の駅として登録されたのがひとつの説となっていますが、他にもいくつかの説があり、他の発祥説が有力だとされることも少なくはありません。

 

こうした地域づくりの一環として始まった道の駅は現在においてはドライバーたちの休憩スポットのひとつとして愛される存在になり、これから先の時代においてもまだまだ活躍していける存在であると共に、前述の地域づくりの一端を担う存在の施設であることは変わることは無いでしょう。

休憩施設としての道の駅関連ページ

スタンプラリー
道の駅を旅しよう!
サービスについて
道の駅を旅しよう!
道の駅の設置間隔
道の駅を旅しよう!