道の駅

空港や鉄道との併設

海の駅と重複登録することによって、自動車以外にも船を利用する人たちにも利用してもらえる新しいタイプの道の駅が存在してみますが、陸上、海上と来れば空にも関係した道の駅があるのです。

 

それが空港と併設しているタイプの道の駅であり、これは言うまでもなく空港を利用する人にも一緒に利用してもらおうと言ったスタイルの道の駅になります。

 

空港と言えば国内各地を飛び回る飛行機が多数離発着していますが、それ以外にも海外から外国人を乗せた飛行機が着陸してくることもあるので外国のお客さんの獲得も望まれます。

 

しかし現在において道の駅が併設されている空港はとても少なく、秋田県の大館能代空港の、大館能代空港内にまずひとつ。
それから能登空港の能登空港内にひとつ併設されているだけに留まっています。

 

このように空港との併設に関してはまだまだ発展途上と言えますが、代わりに鉄道の駅舎であったり鉄道の駅前に設置されている道の数の駅は大変多く、これらは日本全国の鉄道を利用する人たちの利用も見込まれて造られたとも言える道の駅でありますので、こうしたところから見ても現在の道の駅は自動車のドライバーに限った利用者を取り込むだけでは無くなっているのです。

空港や鉄道との併設関連ページ

ハイウェイオアシスとの併設、SA・PAとしての利用
道の駅を旅しよう!
海の駅との重複登録
道の駅を旅しよう!