道の駅

施設としての道の駅

 

ドライバーたちの休憩施設として有名なのは道の駅ですが、その道の駅として登録されるにはトイレと駐車スペースが一定数以上あることと、情報提供が出来る施設があることが条件になります。

 

これらの条件を満たして登録されている道の駅は日本全国の各地方にいくつも存在していますが、この道の駅はドライバーの休憩施設としてだけではなく、それ以外の人たちにも利用してもらえるように工夫がなされています。

 

大抵の場合ではその道の駅がある地方の特産物を売っていたりスタンプラリーを開催したりとサービスの面で楽しませる方向性をとっていますが、他の交通施設との併用が道の駅でされている場合があります。

 

まずはハイウェイオアシスとの併用ですが、併用すると共に連絡することによって高速道路の利用者も施設の利用が可能となっています。
高速道路上にハイウェイオアシスと一緒に道の駅が設置されているのはこのためです。

 

それから一般的なサービスエリアやパーキングエリアとして運営している道の駅もあり、これらは高速道路を走ってサービスエリアなどを利用するときと変わりはありません。

 

それから自動車だけではなく船舶の利用者も利用できる道の駅としては「海の駅」と重複で登録されているところがあります。


施設としての道の駅記事一覧

ハイウェイオアシスとの併設、SA・PAとしての利用

道の駅は一般道路のそばにあることがほとんどですが、それだけでは高速道路の利用者に関しては一体どうなるんだ、と言うことで高速道路にもサービスエリア、パーキングエリア、ハイウェイオアシスなどと言った施設と併設することによって道の駅が造られるようになりました。その背景にはこうした高速道路ならではの事情があ...

≫続きを読む

海の駅との重複登録

自動車のドライバーが多く利用することで有名な道の駅は休憩施設や食事どころとして利用され、多くの人で賑わいを見せる施設です。もともとは地域の活性化を見込んで建設されてきたものであり、地方に行けば行くほどその地方の道の駅の歴史は長くなっていると言っても良いでしょう。ですがそれ以上に利用客を増やすとなれば...

≫続きを読む

空港や鉄道との併設

海の駅と重複登録することによって、自動車以外にも船を利用する人たちにも利用してもらえる新しいタイプの道の駅が存在してみますが、陸上、海上と来れば空にも関係した道の駅があるのです。それが空港と併設しているタイプの道の駅であり、これは言うまでもなく空港を利用する人にも一緒に利用してもらおうと言ったスタイ...

≫続きを読む